星景 (戦場ケ原編 130213-02) [星景]

130213_02.jpg
星景インターバル:Nikon D700 SAMYANG 14mm f2.8 IF ED UMC Aspherical + LEE Soft No.3
2013:02:14 00:12:58~ SS:20sec f:2.8 ISO:4000 120枚をコンポジット

修理に出したエディックスは諭吉さんが10人飛びそうな感じです。昨年末、保険の更新の時に「もう車両保険はいいよね!?」と家人に言われるまま外してしまいましたが、保険を外すと事故に遭うというまぁ大体こんなパターンですよね(涙)
しかも、とっくに製造が終わった不人気車(!?)という事もあって、部品が揃うまでひと月掛るとか...。

閑話休題

もう3月に入ってしまいましたが、2月の新月期に戦場ヶ原へ遠征した時の写真から。ディフュージョンフィルターを付けたまま撮ったらどんな感じになるか試してみたものです。メリハリが出て良いですけど、微光星はかすれたようになってしまうのでちょっと微妙かなぁという印象でした。
nice!(27)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 27

コメント 5

こだわりSTYLE

凄い写真ですね。どのように撮影してるんですか?
by こだわりSTYLE (2013-03-02 07:54) 

HiroHero

こだわりSTYLEさん、こんにちは。
そちらのブログにお邪魔しましたが、同じく星の写真を撮られていらっしゃるんですね。デジカメで40分近い長時間露出をされているのでびっくりしました。

上の写真は、絞り開放での20秒露出を2秒のインターバルを開けて撮ったものを120枚(40分相当)合成したものです。
ニコン機は中級機以上はこのインターバルタイマー機能が内蔵されているモデルがほとんどなので、特殊なレリーズ等使わなくてもこのようなインターバル撮影が出来ます。

ぶれの回避目的にミラーアップしてから約1秒後にシャッターが切られる機能「露出ディレーモード」をonにし、露出が20秒なのでインターバルタイマーの時間は22秒に設定しています。
by HiroHero (2013-03-02 09:56) 

HiroHero

続き

コマとコマの間にはこの差2秒の間隔が空いていますので、合成後に見るとピクセル等倍で繋がっていないように見えますが、ブログ用途程度ならほとんど分からないのでこのセッティングで撮る事が多いです。
光害の酷い都会などでこのような写真を撮る為に考え出された方法です。長時間露出だと白飛び回避のためにISOを低めにしたり、絞ったりしないといけませんが、短時間露出で済ますので感度を上げたりして微光星まで写せるのが利点だと思っています。
D7000にも同機能があるようですので試しにチャレンジしてみるのも面白いかもしれません。

複数の写真を合成(比較明合成といいます)をするソフトは無料で以下のものがあります。この写真の合成に使っているのは「Siriuscomp」というものです。微速度動画も同時に作れるので重宝しています。

SiriusComp --- ttp://phaku.net/siriuscomp/
KikuchiMagick --- ttp://kikulab.blogspot.jp/p/kikuchimagick.html
※URLには頭に「h」を追加して下さい。

以上、長々と書いてしまいましたが参考にして頂けましたら幸いです。
by HiroHero (2013-03-02 09:58) 

me-co

@@;おぉ・・・ぁお!
修理に諭吉10人分ですか(泣)イタイ!ですねぇ。
しかも部品待ち1か月も・・・ですか(T_T)泣きっ面に蜂です。
せめて・・・あり得ないですが、
この素晴らしい☆星景のようにドバドバお金が稼げればいいのですがねぇ。
(追伸。このたびは、合格を祝していただきましてありがとうございます。)
by me-co (2013-03-02 13:42) 

HiroHero

me-coさん、いつも亀レスですみませんです。
今頃はプレッシャーから解き放たれてスキーを純粋に楽しまれている頃合いでしょうか。

急な出費になるかとドキドキしていましたが、結果的にひと月の猶予が出来て良かったかもと話しております。
ジャンボ当たらないかなぁ。
by HiroHero (2013-03-09 12:49) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る