職場訪問 [イベント]

150531_09.jpg
職場訪問:Panasonic DMC-GM1K

今日は長男絡みのイベントで茨城県・古河市にある自衛隊の駐屯地へ。まぁ、職場訪問みたいなものでしょうかね。

続きを見る


タグ:dmc-gm1k
nice!(34)  コメント(4) 

Nikon D810A [カメラ]

d810a_02.jpg
久しぶりの新品カメラ:Nikon D810A

あれこれオークションに出品しては売り飛ばし、発売日に何とかやってきましたニコンの天体撮影向けカメラ「D810A」。天体写真撮影では冷却CCDカメラとかもっと深い沼があるのですが、別途かさ張るバッテリーを持ち歩いたりとかが面倒に感じる自分は一眼レフカメラでの撮影に留めておこうと決めているので、とりあえずこのカメラが現状の最終到着点とも言えそうです。

最後に新品で一眼レフカメラを購入したのは2004年発売の「EOS 20D」の時でしたから、かれこれ10年以上は中古カメラでやりくりしていた事になります。今回の「D810A」導入で手放した機材は、「MB-D10付きD700」一式と「Ai AF-S Nikkor ED 300mm F2.8D(IF)」に「天体改造D5100」。ほぼ追金無しでの購入でした。中古で購入し3年使ったD700はアクセサリーを含めると買った時とほぼ同じ金額で売却出来、サンニッパは購入金額よりも高く売却出来たので助かりましたです。やはり純正ものは余程の事がない限り相場が安定している印象。

d810a_01.jpg
Nikon D810A

天体撮影向けだからといって普段使いが全く出来ない訳ではなくて、撮影条件によっては多少色合いが異なってくる事があるものの、ほとんどの場合は余り気にしないで撮影出来るとのこと。昨年の今頃まで一時期使っていたキヤノンの天体撮影向けカメラ「EOS 60Da」でも子供の運動会で使った時は違和感なく撮影出来、Rawで撮っておけば後から調整可能という印象を持っていたのでD810A購入でその点が障害になる事はありませんでした。
その辺りはニコンのサイトで「一般撮影におけるD810Aの色再現」というコンテンツが用意され、実例を挙げて紹介されていますので興味のある方はご覧になって下さい。
ともあれ、月齢は満月に向かいつつあり、来月には梅雨入りが控えていますので、本格的に天体撮影で使うのはまだ先の事になるかとは思いますが、このカメラとは長い付き合いになるかと思いますので焦らずじっくりと好条件が揃うのを待ちたいと思います。
タグ:D810A
nice!(17)  コメント(3) 

逆さ北斗とラブジョイ彗星(C/2014 Q2) [星景]

150523_05.jpg
星景(逆さ北斗と夏の大三角):Nikon Df SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE+LEE Soft No.2
2015:05:23 01:51:27~ SS:15sec f:2.8 ISO:12800

木々の間から見上げる星空。ついつい近景にはライトを照射したい衝動に駆られますが、無粋な事はしないでその場の明かりで撮影することを心掛けました。北極星の近くには年明け見事な尾を見せてくれたラブジョイ彗星(C/2014 Q2)がいます。といっても若干トリミングして1000mm相当でやっとこんな感じに写る位遠くに行ってしまったようです。

lovejoy_150522.jpg
ラブジョイ彗星(C/2014 Q2):Nikon Df PROMINAR 500mm F5.6 FL+TX17 (トリミング有り)
Vixen SP赤道儀(AMD-1仕様)にて追尾
2015:05:22 21:47:01~ SS:40sec f:9.6 ISO:8000 4枚コンポジット

nice!(20)  コメント(2) 

梅雨入り前に [星景]

150523_03.jpg
星景(八方ヶ原):Nikon Df SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE+LEE Soft No.2
2015:05:23 01:43:29~ SS:15sec f:2.8 ISO:12800

梅雨入り前最後の新月期、一晩中晴れの予報、平日の夜だけど翌日は土曜日、となれば有名所の遠征地は混雑が予想されます。この週末の金曜日もそんな好条件の揃った夜でした。
夕方、足利市での仕事を終えてそのまま直帰出来たので高速でさくっと自宅へ帰り、ちょうど小学校の修学旅行(鎌倉~東京)から帰ってきた次男のお土産話に耳を傾けつつ準備を進めていつもより早めに出発。20時ちょっと前に現着した時は誰も居なくて一番乗りでしたが、月没(22時23分頃)を待ちつつ機材の準備を進めていると来るわ来るわ。結局、北側に面した駐車スペースはほとんど同好の方達で占められてしまったようです。

150523_01.jpg
この夜の状況:Nikon Df SIGMA 8mm F3.5 EX DG CIRCULAR FISHEYE+LEE Soft No.2
2015:05:23 01:33:24~ SS:20sec f:3.5 ISO:10000

衛星写真で駐車場の近くの森の中に東屋(上の写真の左側)があるのは分かっていましたが、普段は鹿などの存在が感じられて入っていく勇気がなかなか湧きませんでした。が、この夜は結構な賑わいだったので思い切って森の中へ。
アップした写真にはそれぞれ大なり小なり緑色の筋のような色ムラが見えるかと思うのですが、この夜は結構広範囲で「大気光」が発生していたようです。
nice!(23)  コメント(4) 

M8とM20 [星景]

m8-m20_150418_01-2.jpg
星野(M8とM20):Nikon D5100 (クリアフィルター改造) PROMINAR 500mm F5.6 FL+TX07
HEIUB-II-FF / Vixen SP赤道儀(AMD-1仕様)にて一軸オートガイド
2015:04:18 02:41:16~ SS:420sec f:4.0 ISO:1600 計8枚コンポジット

引いた天の川の写真ばかり撮っているようですが、望遠域でもちゃんと撮影しております。写真はいて座にあるM8(下)とM20(上)という散光星雲で、M8は「干潟星雲」、M20は「三裂星雲」と呼ばれています。天の川の一番濃い辺りにあるのですが、結構明るい星雲なのでカメラのファインダーでも何となくその存在が分かりフレーミングがし易いです。M8から伸びて繋がっているように見えるのが「猫の手星雲」と呼ばれる散光星雲です。肉球っぽくて好きな天体です。
nice!(20)  コメント(0) 

Nautical Twilight [朝景・夕景]

150516_360_01.jpg
到着時(八方ヶ原):Nikon Df SIGMA 8mm F3.5 EX DG CIRCULAR FISHEYE+LEE Soft No.2
2015:05:16 21:35:24~ SS:15sec f:3.5 ISO:6400

昨夜は晴れるか曇るか微妙な天気予報でしたが、行ってみないと分からないという事で星の写真を撮るべくゆっくり目に出発。途中の矢板市ではしっかり雨が降っていたりしていましたが、それはGPV気象予報で確認済みだったので山の上だけ雲の上に出ていればOKという気持ちで向かいます。が、到着してみると全天のほぼ7割が雲に覆われていて状況は次第に悪くなっていきました。小雨がパラつく瞬間もあったので、機材は展開しないで車内で待機することに。こういう時に機材満載のセルボは寛げる空間があまりなく足が伸ばせないので厳しいです。メイン車のエディックスなら余裕ですが、燃費が倍以上違うとなかなか遠征に使うという訳にもいかないのが悲しいです。

日付が変わった頃合いには結構な雨音が聞こえていたような気がしましたが、うとうとしながら1時間おき位に空を確認したりしているうちに気がつけば薄明開始の時間に...。せめて午前4時前に東の空に上ってくる細い月でもと思っていましたが、低空の雲を見て諦めて撤収した時の写真が下の写真。久々に空振りに近い遠征でした。まぁ、こんな夜もありますよね。

nautical_twilight_150517.jpg
薄明(八方ヶ原):Nikon Df AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
2015:05:17 03:19:56~ SS:20sec f:4.5 ISO:10000

nice!(16)  コメント(2) 

台風一過の夜に [星景]

amano-arch_150514_05-5s.jpg
天の川アーチ(八方ヶ原):Nikon D5100 (クリアフィルター改造) AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
LPS-P2-FF / Kenko SkymemoRにて追尾
2015:05:14 00:40:56~ SS:90sec f:2.8 ISO:2500 11枚コンポジット

台風が通過した水曜日の夜、週間天気予報を見るとこの日しか無さそうという事で月が上るまでと無理くり八方ヶ原まで遠征していました。ちょいと機材トラブルに見舞われつつも、最後に撮影しようと思っていたのが改造機でガイド撮影した色濃い天の川のアーチです。

150515_01.jpg
LightroomCCでのパノラマ合成状況

月額使用料を払う形で使っているPhotoshopCCとLightroomCC(自分の場合、MacOSとBootcamp上のWindows7両方にインストール出来るのでお得なのです)。先日、Lightroomがアップデートされてパノラマ合成が出来るようになったというので諸調整を済ませたものを合成してみました。
この手の操作はMicrosoftの「ICE」というプログラムを使用していますが、LightroomのそれはPhotoshopにもある「Photomerge」という機能を追加したような印象。合成までのプロセスは結構早かったですけど、データを書き出すまでがやたら時間が掛かる印象でした。(ちょうど別の作業をしていたのも原因か!?)
Lightroom上で全てが完結するのなら、わざわざ合成用のデータを書き出す手間も省けますし、さらなるブラッシュアップを期待したい所です。
nice!(19)  コメント(3) 

今宵の惑星達 [星景]

150510_01.jpg
星景(河川敷公園):Nikon Df AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
2015:05:10 19:54:48~ SS:8sec f:4.5 ISO:2500

月の出が日付が変わるくらいに遅くなってきたので遠征しようかとも思っていましたが、自宅周辺でも風が結構強く吹いていたので無理はしないで近所の河川敷公園でお茶を濁すことに。
スマホの天文アプリで星空の状況を確認していたらまだ水星が見える事が分かったのでそちらの方向にカメラを向けて撮ってみました。対角線上に上から木星・金星・水星という並びになっています。

150510_02.jpg
星景インターバル:Nikon Df AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
2015:05:10 20:03:13~ SS:6sec f:4.5 ISO:3200 120枚(12分相当)をコンポジット

nice!(23)  コメント(2) 

練習 [星景]

150428_05.jpg
星景(八方ヶ原):Nikon Df AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
2015:04:28 02:59:20~ SS:15sec f:3.2 ISO:12800

月齢の関係もあって星景写真を撮ったり撮らなかったりと波があります。で、久しぶりに画像処理をしようと思うと、自分なりの処理フローや調整レイヤーの作り方等を忘れている事がままありまして、たまに未処理のデータを処理したりしては忘れないように努めております。ここ数日も1枚ものから無理やり仕上げてみる練習の過程で、レイヤーマスクの処理方法(主に選択範囲の設定方法)などを研究していました。

150428_06.png
処理レイヤー

ISO12800で撮影した1枚の写真を実際に処理した時のフォトショップ上のレイヤーはこんな感じでした。低空のカブリを軽減させるグラデーションマスクに始まり、天の川を強調するレイヤー等などあれこれ追加していますが、これでも雑誌に載るような方達のそれと比べるとレイヤーの重ね方は単純ですしレイヤー数も1/3位しかないという引き出しの少なさであります。奥が深いというかキリがないというか...。
nice!(26)  コメント(2) 

GW終盤 [月]

150505_02.jpg
BBQ:Panasonic DMC-GM1K

GWも残す所あとわずか。どこも連れていかないのでせめてもと庭先(お手軽)でBBQをやったりしていました。火起こしベテランの長男が帰省していたのであっという間に準備が完了。お酒を飲みつつのんびりと過ごす事が出来ました。
日が暮れて月が昇るとレンズの無限遠マーキング(距離目盛りにパーマセルテープを張って天体写真撮影時に大まかなピント出しが出来るように)も兼ねて月を撮影。月の下の方にぽつんと輝く光点がこの夜見かけ上接近した土星です。露出を変えて撮影した2枚をHDR風に合成しています。

moon_150505.jpg
月と土星:Nikon Df PROMINAR 500mm F5.6 FL+TX10
2015:05:05 20:29:31 SS:1/640sec、1/30 f:5.6 ISO:800 2枚コンポジット

nice!(23)  コメント(2) 
メッセージを送る